Tuxedo

タキシード

タキシードとは

男性の夜間の正礼装です。レディースのイブニングドレスに相当します。
その出自から燕尾服に対して略式の礼装とされていましたが、現代では燕尾服の使用が減り、タキシードが実質的な正礼装の様に使われています。夕方から夜にかかるパーティなどで着られる、是非一着は持っておきたいグローバルスタンダードな装いです。

“タキシード”と言う呼称は、タキシードの原型が流行したアメリカのタキシード・パークにちなんだものと言われています。
1886年に開催されたパーティで、尻尾のない真紅のジャケットに黒の側章付きのトラウザーズをコーディネートをした斬新な姿が話題となり、尻尾のない夜会服をタキシードと呼ぶようになったといわれています。

着用シーン

個人企業・公的
主催者 / 本人参列者主催者 / 本人参列者
結婚式・披露宴
パーティ・クルーズ
晩餐会・音楽会
結婚式・披露宴
パーティ・クルーズ
ディナーショー
晩餐会・音楽会
表彰パーティ
記念式典・レセプション
祝賀会・晩餐会・披露宴
表彰パーティ
記念式典・レセプション
祝賀会・晩餐会・披露宴
  • 午後からの結婚式及び披露宴での、新郎をはじめ新郎新婦のお父様や主賓。
  • 夕方から夜にかかる式典やパーティに出席の方。
  • ドレスコードが“ブラックタイ”と指定されているパーティ。

スタイリング

項目説明
上衣拝絹付きの衿型は、ピークドラペルまたは、ショールカラー1つ釦が一般的でダブルも可。
脇ポケットはフラップなしの両玉縁。
ノーベントが原則。素材はドレスウーステッド、モヘア、バラシャ、タキシードクロスなど。色は黒またはミッドナイトブルー。別称ディナージャケット(英国)
ベストシルバーまたは素材感のある素材を使うのが基本。ディナーベストともいう。
上衣と共生地で衿開きの大きなロウカット型が基本。別称ディナーベスト。
スラックス側章が1本で素材は黒の拝絹地または黒のモールを用いる。袖口は必ずシングル。
シャツ色は白で襟は通常レギュラーカラーとウイングカラーのいずれか。前身頃がプリーツ(ひだ胸)付のドレスシャツを合わせる。比翼仕立て(隠し釦)以外はスタッド釦で前立てをとめる。カフスはダブルまたはシングル。
前立ての釦を見せないことがマナー。
ネクタイ「ブラックタイ」の名前通り、黒色の蝶ネクタイ。
チーフ白色のシルクまたは麻。
サスペンダー色は黒。ベルトは不可。
スタッズセット黒蝶貝やオニキスなど黒で揃える。カフリンクス、スタッドボタンのセット。
カマーバンド黒色で、ヒダは上向きに着用する。
靴・靴下黒のエナメルで内羽根式のプレーントゥ、またはオペラパンプス。
靴下は黒無地で長めのもの。

当ホームページのコンテンツは、オーダーメイドタキシードを製作する株式会社カラーに帰属します。
また、一部、冠婚葬祭サービスを取り扱う施設をご紹介させていただく際、施設情報などに誤りがございましたら、お問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。

〒524-0042 滋賀県守山市焔魔堂町128番地8
TEL 077-583-0480 FAX 077-532-1033

コンテンツの無断転載を禁じます。
copyright(C)2019 ordermade-tuxedo.com All right reserved.

当ホームページのコンテンツは、オーダーメイドタキシードを製作する株式会社カラーに帰属します。
また、一部、冠婚葬祭サービスを取り扱う施設をご紹介させていただく際、施設情報などに誤りがございましたら、お問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。

〒524-0042 滋賀県守山市焔魔堂町128番地8
TEL 077-583-0480 FAX 077-532-1033

コンテンツの無断転載を禁じます。
copyright(C)2019 ordermade-tuxedo.com All right reserved.

▼DAVID LAYER スーツ専用サイトはこちら▼