Morning coat

モーニングコート

モーニングコートとは

男性の昼間の正礼装です。レディースのアフタヌーンドレスに相当します。
格式高い行事には欠かせない装いです。

1800年代初頭、ヨーロッパではスーツの起源とされる「フロックコート」が登場。1870年代に入って「モーニングコート」の呼称が登場し、1914年の第一次世界大戦を境に事実上の昼の正礼装に昇格しました。現在は完全に定着しています。

着用シーン

個人企業・公的
主催者 / 本人参列者主催者 / 本人参列者
結婚式・披露宴結婚式・披露宴叙勲・園遊会
記念式典・祝賀会
入学式・卒業式
成人式・謝恩会
叙勲・園遊会
  • 午前中〜お昼の格式の高い結婚式及び披露宴、記念式典・公式行事などでの、主役・または準じる立場の人。
  • 入学式や卒業式などでの教職員。
  • 葬儀・告別式での喪主。また大きな規模の告別式の参列者。通夜及び3回忌以降の法事には着用しない。

スタイリング

項目説明
上衣黒・1つ釦(拝み釦式の場合は二個で一対)のピークドラベルが基本。
腰回りには水平の縫い目が入る。衿はノッチドラベルのものもある。また、脇部には細腹(さいばら)と呼ばれる細長いマチが両脇にある。
後身頃は腰部分にヒップ釦があり、これは、乗馬の際、前裾をたくしあげて留めた名残り。
素材はドスキン、タキシードクロス、バラシアなどが一般的です。
ベストジャケットと共布かグレーまたはアイボリーで、シングルかダブル。黒の場合は上衣と同素材で、慶事の時は着脱可能な白衿をつける。
スラックス「コールズボン」(ストライプドトラウザーズ)と言われる黒とグレーのストライプ柄のスラックス。
スラックスの裾は後ろが長めのモーニングカット仕立てで、裾口は必ずシングル。
シャツ白無地のウイングカラーとイレギュラーカラーの2種類。プリーツやフリルなどの飾りは不可。袖口をカフリンクスで留めるが、ダブル・シングルどちらでも可。
ネクタイ白黒の縞柄かシルバーグレー系の縞柄の結び下げネクタイ。シルバーグレー無地でも可。アスコットタイの場合、シャツは必ずウイングカラーとなる。
チーフ胸ポケットには白本麻チーフ(か綿のポケットチーフをスリーピーク折りで。
手袋グレーか白で、革製か布製。
サスペンダー白黒の縞柄やグレー無地、黒無地などで、ベルトは不可。別称ブレイシーズ(英国)。
カフリンクス真珠などの白い石か、金また銀の台の白蝶貝。
タイタック・タイバーカフリンクスとお揃いのもの。
靴・靴下靴はカーフのレースアップ(紐結び)・ストレートチップ・ドレッシーなプレーントウのフォーマルシューズ。靴下は白黒の縞柄または黒無地。
その他トップハット、ステッキ。

当ホームページのコンテンツは、オーダーメイドタキシードを製作する株式会社カラーに帰属します。
また、一部、冠婚葬祭サービスを取り扱う施設をご紹介させていただく際、施設情報などに誤りがございましたら、お問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。

〒524-0042 滋賀県守山市焔魔堂町128番地8
TEL 077-583-0480 FAX 077-532-1033

コンテンツの無断転載を禁じます。
copyright(C)2019 ordermade-tuxedo.com All right reserved.

当ホームページのコンテンツは、オーダーメイドタキシードを製作する株式会社カラーに帰属します。
また、一部、冠婚葬祭サービスを取り扱う施設をご紹介させていただく際、施設情報などに誤りがございましたら、お問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。

〒524-0042 滋賀県守山市焔魔堂町128番地8
TEL 077-583-0480 FAX 077-532-1033

コンテンツの無断転載を禁じます。
copyright(C)2019 ordermade-tuxedo.com All right reserved.

▼DAVID LAYER スーツ専用サイトはこちら▼