Dark suit

ダークスーツ

ダークスーツとは

無地または無地に近い柄物の光沢感を持った素材で、落ち着いたダークな色調でまとめるのが代表的です。
結び下げネクタイではなく、アスコットタイやユーロタイ、リングタイといったネックウエアを選び、チーフやベストとコーディネートすれば、普段とは違うフォーマルな場面にふさわしい印象になります。
ある程度自由な選択が許されるので、派手になりすぎない程度にラペルピンなどのアクセサリーでアレンジを楽しむこともできます。

着用シーン

個人企業・公的
主催者 / 本人参列者主催者 / 本人参列者
結婚式の2次会
同窓会・長寿会
ディナーショー
その他〜会や〜式
平服指定
結婚式の2次会
同窓会・長寿会
音楽会
ディナーショー
その他〜会や〜式
平服指定
結婚式の2次会
同窓会・長寿会
音楽会
ディナーショー
その他〜会や〜式
平服指定
結婚式の2次会
同窓会・長寿会
ディナーショー
その他〜会や〜式
平服指定
  • 職場の同僚や親しい友人・知人の結婚式に参列する場合。
  • 「平服指定」と書かれた式典など。
  • 正式なマナーでは、通夜はブラックスーツよりもダークスーツが正しいとされています。その場合は、黒いネクタイと黒い靴下を着用します。

スタイリング

項目説明
スーツ色は黒に近い暗いグレーか深いミッドナイトブルーで、無地または無地に近い柄が基本となる。素材は上品な光沢感のあるファインウーステッド、タッサー、ギャバジン、サクソニー、フランネル、夏用としてはポーラ、トロピカル、モヘアなどが使用される。ピークドラペル、ノーベント、両玉の腰ポケットといったデザインを選ぶとフォーマルな印象が強くなる。
ベスト上衣とスラックスのスーツでも良いが、ベストを着用すればフォーマル度がアップする。共地のベスト以外にも、ネックウエアとコーディネートしてシルク系の光沢感のあるものを着用するのもお洒落。
シャツ白のレギュラーダブルカフスが基本となる。
ウイングカラーにアスコットタイといった遊び心のあるコーディネートもOK。
ネックウエアアスコットタイ、クロスタイ、ユーロタイ、リングタイ、ツイリータイなど、ベストやチーフを意識してバリエーションを楽しむこともできる。
チーフネックウエアとのバランスを考えてコーディネートを。
その他準礼装である「ファンシータキシード」に準ずるが、かなり自由な選択が許されるので、アレンジを楽しむこともできる。

当ホームページのコンテンツは、オーダーメイドタキシードを製作する株式会社カラーに帰属します。
また、一部、冠婚葬祭サービスを取り扱う施設をご紹介させていただく際、施設情報などに誤りがございましたら、お問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。

〒524-0042 滋賀県守山市焔魔堂町128番地8
TEL 077-583-0480 FAX 077-532-1033

コンテンツの無断転載を禁じます。
copyright(C)2019 ordermade-tuxedo.com All right reserved.

当ホームページのコンテンツは、オーダーメイドタキシードを製作する株式会社カラーに帰属します。
また、一部、冠婚葬祭サービスを取り扱う施設をご紹介させていただく際、施設情報などに誤りがございましたら、お問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。

〒524-0042 滋賀県守山市焔魔堂町128番地8
TEL 077-583-0480 FAX 077-532-1033

コンテンツの無断転載を禁じます。
copyright(C)2019 ordermade-tuxedo.com All right reserved.

▼DAVID LAYER スーツ専用サイトはこちら▼